ビッグデータマーケティング事業のご案内

国内のリアルビッグデータから消費者心理と行動を読み取り、「本当に売れる」を店頭で実現化。

未来を切り開くマーケティングメソッド ビッグデータx販売促進
未来を切り開くマーケティングメソッド ビッグデータx販売促進

顧客の購買履歴分析から「未来の購買」を予測して、課題解決につながる販売促進施策をご提案します

これまで主流であったPOSデータは、商品の売れ方の過去データでしかありません。「何が」「いつ」「いくつ」という情報から、季節需要や傾向値としてのトレンド予測までとしか使うことができませんでした。 ID-POSは「人」基点のデータであり、上記のPOSデータに加えて、「誰が」「どの期間に」「何と一緒に」という細分化された購買履歴情報を読み取ることができます。
そこから購買動向集積からの分析を行うことによって、その属性の今後の購買傾向までもが予測可能になります。いうなれば、「未来予測型プロモーション」。

バスケット解析やターゲット解析、クロス分析などを駆使することで、この最先端のプロモーションを実用可能にいたしました。お客様目線を大切にし、またクライアントの要望に合わせカスタマイズをしてご提供していきます。

  • 「ビッグデータ × 販売促進」基礎知識
    「ビッグデータ × 販売促進」基礎知識

    • 「ID-POS」とは

      一般的なPOSデータに、購買者属性情報を加えたものがID-POSデータで、これにより「誰が」という人の動きをみる事が出来るのが最大の特徴です。ID-POSを活用する場合、例えばメーカーは自社商品を軸に購入者が「新客」なのか「既存客」なのかという視点、小売業は来店客に於ける優良顧客は誰かといった視点で見ることが出来ます。

  • ご提案の概要
    ご提案の概要

    サービスには今後リリース予定のものも含まれます。詳しくは「お問合わせ」ください。

    • ご提案1:52週 × 地域・エリアの 「リアル・カレンダープロモーション」

      スーパーマーケットの売場づくりの核となるのが季節や催事などに基づいたカレンダープロモーションです。
      当社の提案するカレンダープロモーションは、ID-POS データ分析によるお客様のリアルな購買動向(初回購入・購入サイクル・ブランドスイッチ・関連購買 等)と、メニュー食卓を定量的に捉え、更に、インターネット上のレシピ検索データからのお客様の潜在的なニーズを加味した食べ方を導き出し反映をさせていきます。
      また、地域・エリアという軸を大切にし、お客様のより細かなニーズに合わせたメニュー開発型ソリューションを行っています。

      • ID-POS分析と生活者情報収集のよる
        関連販売機会の創出プログラム

        生活者の購買動向をID-POSデータから地域軸・年代軸・時間軸・バスケット軸などの視点から分析いたします。
        また、インターネット上の検索データや、CLTなどを用いて生活者の生の声などを収集し、課題の抽出を行います。
      • 生鮮を含めたクロスMDサポート
        (メニュー開発&ツール開発)

        52週の年間計画を元に季節や催事に合わせたメニュー提案や、クロスMD推進ツールの開発から、エンド売場やアイランド売場の集客施策、定番売場の活性化施策などを構築。
    • ご提案2:ID-POSデータと生鮮コーザルデータの活用

      これまで導き出しにくかった生鮮との関連性を、エリア毎の市場取扱いデータや消費支出データ等コーザルデータを組み合わせて見ることで、よりユニークで深い分析を行うことができます。これまでブラックボックスと言われていた関連購買の実態把握や効果検証が可能となり、メニュー連動、クロスMDを推進する中で強力なアドバンテージとなります。

      • ID-POS分析による
        関連販売機会伸長プロモーション

        リアルデータから導き出された情報を元に、生活者の要望、変化、特性を読み取り、機会の抽出を行います。
        そこから52週のカレンダープログラムの構築やMDレポート、プロモーション開発を強力に推進いたします。
      • メニュー開発プログラム

        調理師学校、栄養士、全国の料理教室の先生、インターネット上のレシピサイトなどの協力、監修のもと、季節や食材、地域の組みあわせを反映したメニューの開発を行います。また、そのメニューを使ったレシピ開発やチラシの構成・クロスMD施策を構築いたします。
  • ID-POS活用による業務プロセスフロー
    ID-POS活用による業務プロセスフロー

    「お客様」という軸が加わることで、属性、購入品目、時間帯をはじめとする各項目別における状況の洗い出しや、項目を複合的に掛け合わせたバスケット解析やクロス分析、ターゲット分析など、販売戦略に必要となるさまざまな切り口の集計を行います。

    プロセスフロー図

  • サービスメニューのご案内
    サービスメニューのご案内

    • 「ビッグデータ × 販売促進」サービスメニューの詳細をご覧いただけます。

      PDFダウンロード