シオノギヘルスケア様
2017ドラッグストアショー ブースコンテスト『大賞』受賞!思わずSNSでシェアしたくなる!ユーザー心理を突いた革新性の高いコト提供空間を創出

新たに総合感染対策品として「イソジン」ブランドも加わり、今年から10コマに拡大した単体ロケーションでのブース出展。来場者が360度どこからでも見えるといったブースロケーション与件を最大限に活かすコンテンツアイデアが、そのままブースデザインコンセプトに!
2017ドラッグストアショー出展366社中のブースコンテスト『大賞』に選ばれました。

  • 目的 目的

    例年は、来場客のイベント参加とサンプリングで「シオノギ」ブランドの認知促進と親和性向上を図ってきたが、情報拡散範囲がイベント会場内と限られていた。新ブランド「イソジン」も加わった今回は、より広く厚く情報の拡散を図る。

  • 背景 背景

    イベント出展の際は、どうしてもブースデザイン即ち「ハコ」に意識が向きがち。そこでのプロモーション活動も、「サンプリングによる来場者と商品の接点づくり」とマンネリ化傾向であった。今年は『健康を見守る』をコンセプトに、健康イメージを「ジャンプ」として具現化、イベントコンテンツとの連動性を持たせ、来場者の拡散行動の誘発を企てた。

  • 展開 展開

    「シオノギヘルスケア ジャンピングステージ」と称して、24台のカメラでジャンプした瞬間を360度撮影、その場で動画に編集してWEBへアップ。お客様には、お気に入りのカットをプリントした写真をプレゼント。動画は専用URLからダウンロードして見る事ができるのはもちろん、その場のモニターへ映し出す事で、参加者以外へアピール効果も絶大!

    ※ジャンピングゲームの様子はこちらから↓

    ジャンピングケーム動画

  • 実施 実施

     

    革新性と懐かしさの両面を持ち合わせたブースデザインは、 イベントブースでは珍しいオープンオーバルタイプ。

    参加者の多くは、エアバルーン製のビッグパッケージを持ってジャーンプ! 出来上がった写真や動画のシェアで、商品も同時に拡散・PR。

     

    お客様に楽しんで参加いただけたので、コンパニオン達もノリノリでした。シオノギジャーンプ!

     

関連事例 関連事例